沿革

1959年 創業者、山岸啓三が個人会社として設立。 現在の礎を築く。
1967年 江東区大島に(株)二葉製作所を設立。
1972年 社名を株式会社二葉科学に変更。
1974年 千葉県柏市に新工場建設。
1983年 同所に第2工場建設。環境試験装置の生産体勢を強化。
1984年 系列会社、(株)二葉精器を設立。[現、(株)二葉科学 茨城]
1985年 茨城県美野里町(小美玉市)に工場建設。
1990年 同所に第2工場建設。熱処理機器の生産体勢強化。
1991年 系列製造会社(株)リーブスを設立。[現、(株)二葉科学 柏]
1995年 熱源不要の乾燥器「ヒートレス・オーブン」を発表 各界から注目を浴びる。
1999年 千葉県柏市(駅前)に営業本部創設。
2000年 遠赤外線及び紫外線照射装置の製造・ 販売グループを創設。 熱処理機器全般に亘り営業範囲を拡大。
2002年 エアーシャワーを用いた遠赤外線ア二ール機の特許を取得。
2003年 産・学・官の交流ステージ「東葛テクノプラザ」に柏テクニカルセンターを開設。 遠赤外線加熱技術の研究開発体勢を強化する。
2005年 山岸達也が二代目代表取締役に就任。
2006年 柏第3工場建設。
2007年 新型多重安全式乾燥器MSO発表
2009年 次世代電池評価恒温槽発表。
2010年 太陽電池モジュール評価用恒温槽発表。
2011年 柏テクニカルセンターを東葛テクノプラザから 東大柏ベンチャープラザへ移設しテスト機を増設し、テスト能力を増強。
2018年 現柏工場隣接に4番目(D工場)の工場が完成し生産体制を強化。
2018年 経済産業省選定の「地域未来牽引企業」認定。