遠赤外線とは

 遠赤外線は4μ(ミクロン)以上の長い波長域に位置しており、空気等の媒体を必要とせず直接被加熱物に照射(放射)されます。照射を受けた被加熱物体は、分子固有の振動周波数(赤外線吸収スペクトル)による共鳴吸収をおこなって分子振動、振幅の変動が活発となり、自己啓発をおこないながら分子間に熱エネルギーとして伝播し、加熱されます。特徴は赤外線照射から熱エネルギー変換迄の時間が極めて短く、従来方式の熱風循環加熱に比べて5~40倍の高速処理ができます。

 よって被加熱物体への熱影響を最小限に維持し、フラットなコンベアー搬送方式を用いることにより、高品質の安定した生産ができます。

電磁波の波長による分類

赤外線による輻射加熱方式[分子振動模試図]

赤外線の吸収

 高分子材料は赤外線をよく吸収する特性を持っております。中でも4~15μの遠赤外線領域をよく吸収しますので、この領域の波長を条件設定することにより、最も効率の良い加熱となります。

放射と吸収

 遠赤外線の放射は、発光体表面の動作温度である波長をピークとする連続したスペクトルからなっています。  下表は被加熱物に合った遠赤外線ヒーターを用いて、動作温度を変化したときのピーク波長と放射エネルギー変化を表します。

お気軽にお問い合わせください。04-7141-2100受付時間 9:30-17:30 [ 土・日・祝日除く ]

お問合せフォーム