オイルフィルター試験装置

油温調節槽・圧力発生装置制御機器類から構成され、オイルフィルター等の構成部品に温度・コンタミによる耐久試験等を行う性能評価試験装置です。

特に自動車関連のオイルフィルター試験に最適。

※JIS D 1611-1オイルフィルター一般試験方法準拠。

仕様概略

温度範囲/流量範囲 +20℃~+200℃/Max100L/min
加圧能力 ~1.1MPa
ポンプ吐出圧 Max2.6MPa
パルス発信 ~1sec
撹拌 プロペラ撹拌方式
冷凍機 空冷式密閉型冷凍機
グラフィックパネル モノクロ式タッチパネル
その他設備 温度記録計、圧力計、差圧計、パルス発信用タイマー、耐久試験用カウンター、圧力計
安全装置 過熱防止、レベル警報、冷凍機異常、撹拌ポンプ異常、異常加圧、漏電ブレーカー
特徴
  1. 高精度のパルス発生器により、耐久性試験が任意に可能。
  2. ジャケット式温調タンクにより、安定した温度設定ができます。
  3. ミスト回収装置により、作業環境を汚しません。
  4. 安全装備も万全で、温度異常はもちろん、異常加圧に対してもリミッターを装備。
主な用途

潤滑用オイルフィルター評価試験

おすすめの業界

自動車部品、農作機器、小型船舶

お気軽にお問い合わせください。04-7141-2100受付時間 9:30-17:30 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせフォーム