実車用錆テストチャンバー

 自動車が1台入る大きさで、槽内は制御された温度域と温度制御された塩水を噴霧する装置で、実装部品を含めた耐久試験を行います。 湿潤→乾燥→塩水のサイクルを繰り返す事により腐食を促進させる事が可能。 また、車風速もコントロール可能です。

 副室を設ける事で、設定環境に大きな変動を与えず、安定した条件で作業が行えます。

概略参考仕様

温度範囲 +20(-40)℃~+60℃
温度分布 ±3℃(無負荷安定時)
湿度範囲 20%RH~95%RH
昇温時間 +50℃→+60℃まで30分(無負荷安定時)
構造 プレハブ構造又は板金一体構造
装備 観測窓、入庫用スロープ、間接加熱(OP)、消火器(OP)、可燃性ガス警報
構成 試験室本体、空調部、シャワー装置、自立制御盤、吸排気装置、車風速ファン
内寸法 要相談の上
特徴
  1. 温度範囲により、プレハブ構造、板金一体化構造が選択可能。
  2. 板金構造は現地工事期間の短縮可能。
  3. グラフィックパネルを用いた操作性の向上。
主な用途
  • 車体
  • 電装部品
  • 排気系・駆動系統の防錆テスト
おすすめの業界

自動車、電装部品メーカー

お気軽にお問い合わせください。04-7141-2100受付時間 9:30-17:30 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせフォーム