揺動摺動回転高低温耐久試験機

駆動系構成部品に実走を想定し、揺動、摺動、回転を行いながら、安定した駆動制御と温度精度にて耐久試験を行う装置です。

すべての条件を対話式グラフィックパネルにて設定が可能で、視認性も考慮した上下開閉扉と作業性を考慮したセット治具等使い易さにも配慮。

概略参考仕様
-40℃~+150℃
スパン調整距離 0~300mm可変
従動側揺動角度 0~50deg可変(分解能0.1)
回転速度範囲 10~2000rpm Max
自動モード運転・手動連続運転 切換え
揺動角度 0~50deg
揺動周期 30cpm(揺動角度により制限有り)
特徴
  1. 対話式グラフィックパネルによる操作性の向上
  2. 作業性を考慮した上下開閉扉
  3. 天井部観測窓によりワークの目視が簡単です
液晶モニター画面
操作パネル
天井部 観測窓(曇り止めヒーター付)
主な用途
  • 等速ジョイント含むドライブシャフト
  • ドライブシャフト構成部品(ブーツ・シール材)
お奨めの業界
自動車、工業用ゴム

お気軽にお問い合わせください。04-7141-2100受付時間 9:30-17:30 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせフォーム