電池評価用恒温槽 (二次電池対応)

 小型の二次電池の高温加熱試験(JIS C 8712)に対応した評価用恒温槽です。

 万が一の高温試験時の変形、加熱試験時の発火・破裂を想定し作業環境を安全に保ち、かつ高精度にて評価試験が可能です。

 構成は独立した熱風発生装置にて可燃性ガス等の接触を排除始動時には、残留ガスを排気した後にヒーター加熱するプレパージ機構、槽内保護ガード、撮影用観測窓装備、放爆扉等の安全対策も充実。

概略参考仕様
+50℃~+300℃
W600xD600xH650mm(60型)
W800xD800xH800mm(80型)
放爆扉・調圧ダンパー・強制排気・安全増モニター・貫通孔・プレバージ機構・撮影用窓(カメラ台付き)・可燃性ガス警報器・N2噴射装置
耐圧防爆仕様循環ファン・送風ファン
※JISC8712/4.2.3・4.3.5対応
資料
★JIS C 8712 密閉型小型二次電池安全性 試験評価抜粋 (高温 加熱試験)

4.2.3 高温下での組電池容器の変形

A)要求事項
高温で使用したとき、内容物の露出を引き起こす組電池の変形がない。

B)試験
組電池容器の堅牢さを評価するために、完全に充電した組電池を高温下に放置する。 組電池を温度+70℃±2℃の空気循環式オーブンの中に7時間放置する。この後、オーブンから取り出し、室温に戻す。

C)判定基準
内容物の露出を引き起こす組電池の変形があってはならない。
※試験数
◎組電池:3


4.3.5 加熱

A)要求事項
異常温度によって発火又は破裂を引き起こさない。

B)試験
完全充電した単電池を室温に安定させた後、恒温槽内に置き、恒温槽の温度を+5℃±2℃/分の昇温速度で+130℃±2℃まで上昇させる。その後、恒温槽の温度を+130℃±2℃で10分間保持する。

C)判定基準
発火又は破裂があってはならない。
※試験数
◎単電池:5

お気軽にお問い合わせください。04-7141-2100受付時間 9:30-17:30 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせフォーム